スリーブバイパス術とは

肥満を治療して健康な人生を!

今、私たちが暮らす日本では、あらゆるジャンルの食べ物が手に入り、お店でもいろいろな料理を楽しむことができます。その影響で、飽食の時代とも言われるようになり、好きな食べ物をいくらでも食べることができる環境ができました。その中で肥満に悩む人が増加している傾向にあります。自ら意識して食事を選択し、食べることができるのであれば良いのですが、それが難しくなっています。
肥満症は、単に太っている状態ではなく、治療すべき病気です。治療がうまくいかないと、さまざまな病気に苦しんでしまうことになります。肥満治療には、食事療法や運動療法が主に挙げられますが、それだけでは不十分な場合、外科的な肥満手術が行われています。

スリーブバイパス術は、先進的な肥満手術の方法

外科的な肥満手術の方法はいくつかあります。その中でも糖尿病にも高い効果を表す重要な位置づけとなる手術方法がスリーブバイパス手術です。 スリーブバイパス手術とは、胃を一部切除し、細長い胃を作ります。そこで胃の容量が100~150ccになります。切った胃は取り出し、十二指腸は最初の部分で切り取られて小腸とつながれます。体内に胃を残して小さな胃嚢を小腸と接合する通常のバイパス術と比較して、胃の一部が残るため、通常の胃の検査が可能になります。 この方法の手術は、最も難易度の高い手術と言われており、機材や時間が多くかかるために費用は高くなります。ですが、糖尿病やその他の疾患に対する効果や減量効果は最も高いいと考えられています。

クールスカルプティングとは脂肪を凍らせてシャーベット状にし、脂肪細胞を壊す治療法のことです。シャーベット状になった脂肪細胞は代謝の際に体の外に排出されます。