メンタルヘルスケアとは何をするのか

肥満になった原因を取り除く必要性

人の体や体質は様々ですが、一般的には消費エネルギー以上の摂取エネルギーがあると、過剰分のエネルギーが脂肪として蓄積されます。日々においてバランスの悪い食生活を送るとエネルギーが過剰になってしまい、肥満状態を作り上げます。肥満になると他の病気になりやすくなるため、肥満の状態によっては肥満治療をした方が良いかもしれません。この時に行われる治療としてメンタルヘルスケアがあります。肥満の状態になるには何らかの原因があるでしょう。摂取エネルギーが過剰な人は、ストレス発散を食事で行うケースがあります。いくら薬などで脂肪を減らしても、原因のストレスを無くさないとまた肥満の状態になってしまいます。患者と話し合いをしながら、生活の改善を目指す治療になります。

肥満治療をスムーズに行うための対話

病気になるとそれに対する治療が必要になります。通院をするときもあれば入院しなければいけないときもあります。頑張って治療をしますが、自分自身も辛いだけでなく家族も辛いかもしれません。いろいろな気持ちを抱えながら治療に取り組んでいきます。肥満はそれ自体は病気ではありません。しかし将来的に病気になる可能性が高くなるので、病気になる前に改善をした方がいいでしょう。肥満治療では患者に対して医師から生活指導などがされます。この時の生活指導が合わないと、治療を辛く感じてうまく続けられなくなります。そこでメンタルヘルスケアをしながら治療をサポートしていきます。それぞれの患者と対話をしながら、患者に合った治療を選択していきます。